歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯ブラシではなく「歯間」ブラシのほうです。

 

使用したことのある人が比較的少ないツールかもしれません。

 

どんなもの?

 

ガラスコップ磨き用のタワシのような形状をしていて、鉢金にナイロンの毛虫のようにブラシが取り付けられています。

 

これを歯と歯の隙間に差し込んで、食べかすやプラークを取り除くことができます。

 

歯の隙間はいろいろな大きさがあるので様々なサイズのものが用意されています。

 

差し込んだ時に少し抵抗感があるくらいのが適切なサイズとされています。

 

使用方法

 

どのように使用するかと言いますと、少しのコツがあります。

 

ブラシを手に持ったら、その手の指一本を顎や頬に当ててください。

 

ここが重要です。

 

針に糸を通すときのように、細いものを細い穴にとおすときは微妙な動きが必要ですから、指一本でまず安定させましょう。

 

それに歯茎など関係のない所に針金を刺してしまうことも避けられます。

 

そして安定させたらブラシ先を歯の隙間に差し込んで、数回動かしましょう。

 

ブラシの根元までしっかり差し込んでストロークを十分に活かします。

 

もし出血する場合はそこが炎症しているということなので、とくに優しく丁寧に掃除しましょう。

 

清潔になればプラークが減り、やがて炎症も収まっていきます。

 

しかし、ブラシサイズが合わないために無理をして傷付けることは避けてください。

 

奥歯をブラッシングする際は、針金を45度くらいに曲げてから行うとスムースかつしっかりと磨けます。

 

もしブリッジをしている方ならば、その下の隙間は確実に汚れていますので、歯間ブラシでよく掃除するように心掛けてください。

 

無理をしないで

 

歯間ブラシをはじめて体験する場合はうまく磨けないことがあります。

 

やみくもに使用すると上記のようにケガをすることがあります。

 

指を支点にして安定させ、はじめのうちは鏡で見ながら、ブラシと歯の隙間との位置を確認しながら慣らしていきましょう。