歯周病は日常ケアで予防する

歯周病は日常ケアで予防する

歯の健康を気にしている方なら、毎日の歯みがきは当然の習慣となっているでしょう。

 

本人の意識があるとケアを心掛けるので、歯周病になるリスクは抑えられます。

 

しかし、毎日きっちりと歯を磨いていれば大丈夫かというと、そうでもありません。

 

適切な方法でブラッシングをし、確実に歯周病の原因であるプラークを取り除く必要があるのです。

 

つまり正しい知識にもとづいている必要があります。

 

では、日常の歯のケアについて説明しましょう。

 

歯ブラシ選び

 

適切なケアは道具選びから始まります。

 

どんなタイプのものが良いのでしょうか。

 

現在は各メーカーから様々な形状のものが販売されていますが、歯科医の多くは「普通の歯ブラシで十分」という意見です。

 

歯ブラシの選び方」でブラシの固さについて書いていますが、その他の点について取り上げます。

 

柄はストレートのもので、ブラシヘッドは小さめが良いそうです。

 

ヘッドが大きいと奥歯のうしろまで届かないからです。

 

ブラシの大きさが親指の幅くらいが良いとされています。

 

ブラシの形はフラットなものが勧められています。

 

歯周病は細菌の感染症ですから、歯ブラシは使用前と後はよく水で洗って、乾燥しやすい風通しの良いところに保管しましょう。

 

ブラッシング

 

昔からいろいろなブラッシング法が提唱されていましたが、現在は、バス法スクラッピング法フォンズ法の3つが勧められています。

 

どれを採用するかは個人的に決めれば良いことですが、毎日続けられる方法が一番でしょう。

 

磨く順番は、磨き残しがないように一筆書きのようにしていくのが良いとされています。

 

吐き気が出てしまう場合は、それぞれの奥歯から前歯のほうへ移動していくと良いでしょう。

 

歯間清掃もしましょう

 

歯ブラシでブラッシングしているだけでは、どうしてもプラークを取り除けないところがあります。

 

念入りに歯を磨いているのに虫歯や歯周病になった、という話を聞いたことはありませんか。

 

それは、奥歯と奥歯の間です。ほとんどの場合ここが原因です。

 

歯間清掃をするようになると、それまでが嘘のようにトラブルから解放されるでしょう。

 

毎日のブラッシングに加えて、デンタルフロス歯間ブラシを活用してプラークの取り残しがないようにしましょう。

 

最後に、歯磨き粉を使う方が多いと思いますが、プラークは泡立ちによって分解される訳ではないのをご存じでしょうか。

 

泡は磨いている実感を醸し出すための演出なのです。

 

ですから、十分泡立ったからといって、しっかり磨けたと思い込まないように注意したいものです。

 

歯ブラシの毛先でプラークを確実に取り除くように心掛けましょう。