デンタルフロス

デンタルフロス

おススメのツールのもう一つはデンタルフロスです。

 

歯の(Dental)絹綿(Floss)という意味があります。

 

つまり歯間用糸ということですね。

 

合成繊維などでできた細い糸で、歯間のプラークや食べかすを除去し清掃するためのものです。

 

意外と昔から

 

歴史は古く、古代の人々も何らか糸状のものを使って歯を磨いていたらしいことが分かっています。

 

現在の形の元祖は、19世紀のアメリカで絹糸を使って開発されました。

 

その後あらゆる人によって改良が重ねられて、第2次世界大戦後にナイロンを採用したころから普及し始め一般的になりました。

 

歯ブラシでのブラッシングでは完全に歯の表面をカバーできないため、デンタルフロスを併用するのが最善です。

 

歯の表と裏の表面を歯ブラシで、歯と歯の間はデンタルフロスで取り残しのないようにしましょう。

 

使い方

 

釣糸のような形をした糸巻き型の場合で説明します。

 

15pかそれ以上の手ごろな大きさに切って、それぞれの端を両手の人差し指と親指に巻きつけます。

 

糸をピンと張り、歯と歯の間にのこぎりのように動かして隙間の底まで入れます。

 

このときに無理に入れようとすると歯茎を傷めることがあるので気を付けてください。

 

歯の側面のカーブに糸を当てながら、前後上下に動かして面全体を掃除します。

 

もう一方の歯の側面も同じようにして掃除します。

 

糸を取り出す時は簡単で、糸の片方を放して引き抜くだけです。

 

次の隙間は糸の位置を変えることによって、細菌の移動を防ぐことができます。

 

効果は

 

デンタルフロスはどのくらいの効果あるのでしょうか。

 

プラークや食べかすを、完ぺきとはいかないとしてもかなりまで除去できるので、歯周病の予防にはとても効果があります。

 

以前は歯ブラシだけで毎日念入りにブラッシングしていても、虫歯や歯肉炎を何度も患っていたのに、デンタルフロスを使い始めたら発生がかなり減少したという話を聞いたことがあります。

 

とくに奥歯の場合に違いが出るようです。

 

毎日のブラッシングにはデンタルフロスも合わせて使って、健康で美しい歯を保っていきたいですね。