歯周病の直接の原因

歯周病の直接の原因

口の中には非常の多くの種類の細菌がいると言います。

 

これを常在菌と言いますが、口の中のケアをしていれば悪さはしません。

 

しかし、歯の適切なケアをしていなかったりストレスが重なったりしていると、食べかすなどの付着物や唾液の成分を利用して、常在菌が繁殖していきます。

 

歯周病になるのはなぜ

 

こうして増殖した細菌の塊が共同体を形成します。

 

なんと1mg中に10億もの細菌がいるそうです。

 

これが歯垢つまりプラークで、歯周病の原因の一つです。

 

もし歯の周りがネバネバしていたらそれがプラークです。

 

水に溶けませんし、歯の周りにしっかりこびり付くので、薬の力も及びません。

 

プラークは歯周病だけでなく虫歯の原因にもなります。

 

プラークの力

 

プラークはどのように影響を及ぼすのでしょうか。

 

プラークが歯周組織に付着すると、免疫システムが異物を排除しようと炎症を起こします。

 

そうすると付着した箇所の歯周組織が破壊されていくことになります。

 

ちなみにプラークは酸性の物質も作り出すので、それが歯のエナメル質に作用し、虫歯の原因にもなっています。

 

プラークを放置しないようにしましょう。

 

放置しているとどんどん増殖していきます。

 

24時間で増殖することが分かっていますから、その時間のうちにブラッシングなどで取り除くことが大切です。

 

歯石の役割

 

歯周病のもう一つの原因が歯石です。

 

これはプラークが作り出す物質からできています。

 

白くて石のように固く、歯の歯茎と接する部分にしっかりと付着します。

 

これも食べかすや唾液の石灰成分が原料になっています。

 

歯石そのものは直接歯に影響を及ぼすわけではありませんが、歯石はプラークの住処としての役割をしています。

 

つまり、プラークが歯石を作り出しますが、その歯石にプラークが張り付いてさらに歯石を作り出す、という悪循環に陥ります。

 

歯石は固定力が強いのでブラッシングではほとんど取り除くことはできません。

 

10代から歯石はでき始めるので、早めに歯科医で適切な処置をしてもらい、その後も定期的にチェックしてもらうと良いでしょう。

 

まずはプラークができないように日頃からケアして、歯石も予防していきましょう。