歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方

毎日使う歯ブラシ。歯の健康を守るための大切な道具です。でも、選び方を間違えると、歯みがきの効果を得ることができなかったり、かえって歯ぐきを傷つけて逆効果になってしまうことも。

 

歯の健康を保つには、正しいみがき方以前に、まずは正しい歯ブラシ選びが必要です。ぜひ、自分に合った歯ブラシで、歯の健康を維持しましょう。

 

自分に合った歯ブラシを選ぶには、自分の歯並びや口の中の健康状態を正しく把握することが必要です。それにあわせて、最適な1本を選びましょう。そして、奥歯をみがくためのものや、歯の間をみがくためのものなどを、必要に応じて用意しておくのがベストです。

 

毛のかたさ

 

市販されている歯ブラシは、通常、「かため」、「ふつう」、「やわらかめ」の3種類があります。一般的には、「ふつう」がお勧めです。「かため」では歯ぐきを傷つけるおそれがあり、「やわらかめ」では歯垢を十分に取り切るのが難しくなるからです。

 

ただし、歯ぐきが弱い方や、歯肉炎の方などは、最初「やわらかめ」を使うとよいかもしれません。そして、歯(歯ぐき)の健康状態が改善したら、「ふつう」に切りかえるとよいでしょう。

 

一方、「かため」は、みがき方が弱くて、「ふつう」では十分にみがけない方には向いていますが、通常の方ではみがきすぎになってしまうケースが多いので、注意です。

毛の形など

 

一般に、ヘッドの縦の毛が3列、横が親指の幅か、人差し指の第一関節までの長さだと、ちょうどよいサイズだと言われています。

 

ヘッドが大きすぎると、奥歯などに十分毛先が届かず、みがき残しが発生しやすいです。

 

適切な歯ブラシを選んでも、上手にみがけないという方は、電動歯ブラシを使うのも一考です。