歯のマニキュアで白くする

歯のマニキュアで白くする

歯を白くするためのマニキュアが市販されています。また、歯科医などで、歯のマニキュアを使う方法を行なってくれるところもあります。

 

この方法のメリットとしては、確実に白くしてくれるので、即効性があるという点です。

 

何か結婚式などの大事な行事の時に、1日でよいから歯を白くしたいという場合は役に立ってくれるでしょう。

 

逆に、デメリットとしては持続時間が非常に短いという点です。大抵は2〜3日程度しかもたない商品が多いので、本格的に歯を白くしたい人には向いていません。

 

また、歯のマニキュアをつける際に自分で色々と歯の奥までのぞいて塗らなければいけません。手間がかかって大変ですし、非常に不格好な姿でマニキュアを一生懸命に塗らなければいけないというデメリットがあると言えるでしょう。

 

それと、歯のマニキュアは基本的に上からものをかぶせることになるので、若干色が自然な歯の色とは違って見えます。

 

パーマネントマニキュアという方法

 

審美歯科などで、特殊な樹脂を歯に塗って固めるというパーマネントマニキュアという手法を取っているところもあります。

 

この方法だと、数年間、白い歯を維持することができます。日本では、一部の審美歯科でのみ扱っています。

 

ただし、デメリットは費用で、歯1本あたり1万円くらいかかる場合が多いようです。

 

自分で手軽に行える方法

 

歯のマニキュアは、歯の表面に塗るという方法ですので、基本的に長期間維持するのが難しいのが大きなデメリットですし、パーマネントマニキュアだと高額なうえ、数年に一度はやり直す必要があります。

 

それとは別に、薬用トゥースメディカルホワイトなどの歯磨き剤を使った方法があります。歯に何かを塗って隠すわけではなく、歯みがきの成分で自然に歯を白くしてくれるので、持続性があるというのは大きなメリットです。

 

ただ、ある程度継続的に使う必要があるのはデメリットです。ですから、短期間で白くしたいという場合はあまり役立ちません。

 

ですが、長期にわたり継続的に使用すれば、徐々にきれいな白い歯を手に入れることができます。それは自分の歯そのものの白さですので、長期にわたり維持できます。

 

毎日行なっている歯みがきのときに、いつもの歯みがき剤を置き換えるだけですので、大変手軽に続けられるのはメリットです。

 

また、口臭も予防してくれるので、歯のマニキュアにはできない口臭予防や歯周炎の予防にも役立ってくれます。

 

薬用トゥースメディカルホワイト 公式ページはこちら