歯の健康を保つ生活習慣

歯の健康を保つ生活習慣

歯の健康を保つ生活習慣としては、まず、毎食後歯を磨くようにすることです。

 

忙しい時には、歯みがきを抜かしてしまう人がいますが、基本的に歯みがきは毎食後に行った方が良いです(詳しくは「歯の正しいみがき方」を参照)。

 

着色汚れなども、着いた直後に歯みがきで洗い流せばそこまで酷くならないことも多いので、よく気をつけて歯磨きをする必要があると言えるでしょう。

 

それから、歯間ブラシを使用して、歯の隙間もよく磨いておくことが重要です。

 

これは歯医者さんもよく言っていることで、歯の隙間は通常の歯ブラシではなかなか汚れを取ることができないので、積極的に歯間ブラシを使うようにすると良いでしょう。

 

さらに、定期的に歯科検診を受けておくことも重要です。半年に一回は歯科検診を受けた方が良いとされているので、近くの歯医者などでよく確認してもらうようにしましょう。

 

また、間食をしてしまうと、歯に悪いことが多く起こります。間食は甘いものになることが多いですし、間食後に歯みがきをするという習慣がない人も多いです。

 

あまり間食をしないようにし、バランスの取れた朝昼晩の食事をとることを気をつけると、歯の健康が保たれて良いです。

 

それと、歯を磨いた後に、液体タイプの歯周病予防液などを使用して歯周病予防も行っておくと、より口内を綺麗に保つことができます。

 

その他、歯ブラシは最低3ヶ月に1回は代えるようにすることや、良い歯ブラシをなるべく使用するようにするなど、歯を磨く道具にもこだわりを持ってみた方が良いと言えます。