歯周病とは

歯周病とは

歯の健康を考えるときに必ず登場するのが、「歯周病」という言葉でしょう。

 

読んで字のごとく、歯の周りの病気のことで、以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。

 

歯周病は、歯の周りの組織が破壊されていき、歯の土台が失われていくことによって、最終的には歯を失う病気です。

 

虫歯と似ていますが、虫歯は歯そのものが破壊されていき歯を失う結果になる病気です。

 

どちらも歯を失うことは同じですが、歯周病は歯の土台が破壊されるので、その後の治療が困難になるという点でより大きなリスクがあると言えます。

 

口の中が取り返しのつかない状態になる怖い病気です。

 

さらには歯周病によって体の他の部分にも影響を及ぼして、別の病気を誘発することもあるので、歯周病は放置しないようにしましょう。

 

歯周病の原因

 

歯周病は、歯垢(プラーク)歯石が特徴です。

 

これらを抑制することが予防の鍵です。

 

歯肉から血が出る症状は歯周病の初期の状態で、歯肉炎と呼ばれます。

 

さらに進行すると歯周組織全体に広がって歯周炎になり、歯が不安定になりグラグラしてきます。

 

自分で見つけられるか

 

実は自覚症状はほとんどない「沈黙の病」です。

 

虫歯で歯が痛くて歯医者に行くのとは違い、初期の歯周病は痛みが伴うわけではないので、早期発見がなかなか難しいのです。

 

ほとんどの方は虫歯治療で行ったら歯周病もあることが分かったことが多いでしょう。

 

健康な歯は歯肉との間にほとんど隙間がないですが、歯周病を長い期間にわたって放置していると、隙間ができていきます。これが歯周ポケットです。

 

このポケットに食べかすがたまり、さらに細菌が棲みついて繁殖します。

 

この状態になると、ブラッシングしても効果がありませんし、唾液による殺菌作用も効かなくなります。

 

この段階までくると歯周病は加速的に進行し、歯周組織の破壊が止まらなくなります。

 

歯周組織がいちど破壊されてしまうと、ほとんど修復することはできません。

 

歯周病にかからないようにすることと、かかっても早めに治療することが、歯の健康を保つためにはとても大切です。