歯の健康を保つ食生活

歯の健康を保つ食生活

歯の健康を保つためにとった方が良い栄養素としては、やはりカルシウムがあります。

 

カルシウムが不足すると、歯に必要なカルシウムを体が使ってしまうこともあり、きちんと不足しないように摂取していく必要があります。

 

それから、リンやミネラルも豊富に摂っておいた方が歯の健康を保つには良いと言えるでしょう。

 

ビタミンAやC、Dも歯を健康に保つには必要だとされているので、積極的に摂るようにしましょう。

 

また、偏食は歯の健康に悪いので、やめておいた方が良いと言えます。偏食をおこなって内臓などが弱ると、それだけ抵抗力が弱くなって虫歯菌などに対抗する力も弱まってしまいます。

 

ちゃんと体を健康に保つことが、歯の健康にもつながるということを覚えておくと良いでしょう。

 

それから、食べ物を食べる際によく噛むことも歯の健康を保つ秘訣となっています。

 

人間の体は、使わない部分は弱っていくという特徴があるので、あまり噛む機能を使っていないと、歯が退化していってしまいます。

 

あまりやわらかいものばかり食べず、たまには硬いものも食べて意識的に歯を使うようにすることで、歯の健康も保たれるといえるでしょう。

 

その他、お酒はなるべく控えた方が良いとされています。お酒類は砂糖を多く含んでいるので歯によくないですし、水分を奪うので口の中が乾燥して虫歯菌などが発生しやすい状態になってしまいます。

 

酔ってしまうと歯磨きをせずに寝てしまうこともあります。そうすると、非常に歯に悪い状態となってしまい、虫歯や着色汚れにもつながってくるので、なるべく飲酒は適量にすると良いでしょう。