その他の方法で白くする

その他の方法で白くする

歯を白くする方法は、その他にも色々とあります。

 

例えば、歯の着色汚れを回避するために、歯に色が残るような食べ物や飲み物を避けるということも一つの方法です。

 

自然とある程度は歯の汚れというのは取れているのですが、その上からさらに別の汚れがくっつくなどして蓄積していきます。歯に色が付くようなものを避けていれば、自然とある程度は歯の色が本来の白色に戻っていくと言えるでしょう。

 

それから、研磨剤入りの歯磨き粉を使用するという方法があります。

 

よく歯を白くする歯磨き粉には研磨剤が入っているのですが、研磨剤はあまり歯によくないとされています。歯が削られて薄くなり、虫歯になりやすくなったり、歯が弱くなってしまったりします。

 

さらに、削る事でその分そこに着色汚れがつきやすくなり、逆効果になってしまうことも多いです。歯のマニキュアと同じで即効性はある程度あるので、何か大事な場面でのみ使用するという方法なら良いかもしれません。

 

また、レモン果汁やお酢といった酸性の強いもので歯を磨くという方法もあります。しかし、歯がとけるので歯が薄くなるというデメリットがありますし、すぐに元にもどるので、効果時間も限定的だと言えます。

 

その他、ダイレクトボンディングという方法もあります。これは歯を少しけずり、そこに樹脂をつけて白く見せるという方法となっています。

 

海外では割とポピュラーな方法だとされていますが、日本ではなかなか行われていません。アメリカはダイレクトボンディングの本場なので、興味がある方はアメリカで受けてみても良いかもしれません。