歯周病の怖しさ

歯周病の怖しさ

歯周病とは」の記事でも書いたように、歯周病は歯や歯周組織に害があるだけではなく、身体の他の部分にも飛び火して他の病気の原因になることがあります。

 

おもに心臓、肺、そして脳の病気の原因になる場合があります。

 

それぞれの代表的な例を紹介しましょう。

 

心臓病

 

心臓は血液を全身に送り出す重要な仕事をしている臓器です。

 

その仕事を十分に行なえなくなるのが心臓病です。

 

歯周病が関係する心臓病は、細菌性心内膜症というタイプです。

 

歯周ポケットが形成されると、歯周病菌は歯の血管の近くに棲みつくことになりますが、そもそも炎症が起きているため、細菌が血流に乗りやすくなります。

 

血流とともに心臓まで達すると、心臓内の弁膜(血流をコントロールするための弁)に付着するだけでなく、そこで増殖して弁膜の働きを阻害します。

 

その結果心臓は十分に働けなくなるため、心不全に至ります。

 

この現象の直接の原因は歯科治療での抜歯だと言われています。

 

とはいえ歯を抜いた部分に抗生物質を塗ったり、口内衛生の指導をしたりすることで予防することができます。

 

肺炎

 

肺炎の原因はいくつもありますが、歯周病が関係するのは細菌性肺炎です。

 

歯周病菌や他の細菌が誤嚥、つまり飲み込んだものが誤って気管のほうに入ってしまうことによって、肺炎になるという可能性があります。

 

気管や肺は通常はほとんど細菌がいない状態に保たれています。

 

通常なら間違って気管に入った場合は、咳き込むなどして異物を排出しようとします。

 

しかし、高齢などのためにその反応が起こらずにいつの間にか入り込んでいることがあるようです。

 

さらに口の中を清潔に保っていないと、肺炎のリスクが増えることになります。

 

脳梗塞

 

脳卒中の一種である脳梗塞は、脳内の毛細血管に血栓ができることによって詰まり、血液の供給が止まることによって脳細胞が壊死していく病気です。

 

脳と心臓は太い血管で直接つながっているので病気の関連性も高いです。

 

もし心臓の弁膜に増殖した歯周病菌の塊があるなら、それが血栓として血流に乗って脳へ流れていく可能性があります。

 

そして細い血管に達すると脳梗塞を引き起こすわけです。

 

これらの他に、手足の先のほうの血管に炎症が起こり、血栓が作られる病気(バージャー病)や、妊婦であれば低体重出産早産を歯周病は引き起こす可能性さえあることが分かってきました。