歯のホワイトニングで白くする

歯のホワイトニングで白くする

審美歯科などでは、歯のホワイトニングを行なってくれます。

 

ホワイトニングのメリット

 

ホワイトニングとは、クリーニングが歯の汚れを取ってきれいにするというものであるのに対し、歯の明るさや透明度を高めて歯を白くするための治療のことを言います。
一般に、歯に特別な薬を塗ったり、レーザーを照射することで歯の色素を分解するという方法が取られます。

 

この方法のメリットは、短時間で効果が現れることです。エステ感覚で歯を白くすることができます。

 

ホワイトニングのデメリット

 

逆に、デメリットもあります。まず、歯をホワイトニングで白くする場合、割と痛いことが多いです。強力な薬剤を使うことがあるので、歯や歯茎が痛かったりします。

 

あまり強力な薬剤に向いていない人は、歯茎や歯を痛めてしまったりすることもあるので、注意が必要となってくると言えるでしょう。

 

実際にホワイトニングに行ってみた人の話でも、痛かったので1回でやめてしまったという人がいました。

 

それから、何度か歯科に通う必要性が出てくるというデメリットがあります。歯科に通う場合には保険もきかないので、値段が高くなりますし、通う際の面倒も出てきます。

 

それと、歯のホワイトニングは、一回の治療に割と時間が掛かることが多いです。歯医者などでも、ずっと薬剤をつけてじっとしておく必要があり、その間が結構苦痛だという人が多いです。

 

その他、一度白くなっても、また着色したらホワイトニングしなおす必要がある事なども面倒だと言えるでしょう。

 

このように審美歯科などで受ける歯のホワイトニングにも色々とデメリットがあるので、薬用トゥースメディカルホワイトのように手軽で家庭でできるものが注目されています。

 

特に痛みもなく、毎日使っている歯磨き粉と替えるだけですむ手軽さも、人気の一因と言えるでしょう。

 

薬用トゥースメディカルホワイトは歯医者もおすすめしており、自分の病院の患者さんに勧めたりもしているので、きちんとした製品だという安心感もあります。

 

研磨剤や漂白剤も使っていないので、歯や歯茎に悪い影響を与えず、歯を白くしてくれるというメリットがあります。